社会人2年目・一人暮らし、3万円台の家計簿と給料【2022年1月】

家計簿

平凡な会社員が十分な資産を作るには、収入>>>支出とする必要があります。

そのためにはまず、日々の支出を把握することが非常に重要です。知らなければ何もできません。

そのためにも先月の家計簿を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

給料と支出

給料

額面:323,000円

うち、

手取り:230,000円

※家賃と社食代(昼食のみ)、持株会(20,000円)が給料から天引きされています。

去年の12月から残業があほほど増えました。それに伴い、給料が一気に増えています。前まで25万円くらいだったので、残業代のパワーを実感しています。

以前の残業時間は単月合計で2時間程度だったので、なかなか慣れません。土日が待ち遠しいです。

今年の仕事もずっとこんな感じになりそうなので、資産形成ははかどりそうです。

ニヤニヤしながら資産と配当収入のグラフを見て元気貰うしかないですね。

支出

36,946円

大台(?)の3万円台達成です。

今回は、楽天ポイントが数千円分入ってきたので、食費や生活用品の支出が抑えられました。

支出が3万7千円ということで、(給料手取り)ー(支出)=19万円を貯金・投資にまわすことができます。

なんと手取りの84%に及びます。いかに支出を最適化するかが重要かわかりますね。

兎にも角にも、2022年は幸先のいいスタートとなりました。

スポンサーリンク

家計簿

家計簿はアプリでつけています。クレジットカードとは連携せず、毎回レシートをもらって記入する方式をとっています。

食費

6,121円

今月は楽天ポイントでかなり食費をまかなえました。

家計簿ブログを書くときに改めて食費を見返すと、「私普段なにを食べてるんだ」と感じることがあります。以前、1ヵ月間で購入したすべての食材を記録しました。

最近は、キャベツとにんじん、豆腐、えのき、卵が常に冷蔵庫にいます。あと、ふるさと納税の返礼品のお米がなくなりません。梅雨が来て湿度が高くなる前に食べきりたいです。

また、帰宅が遅くなったこともあり、以前にも増して手抜きな食事になっています。具体的には、大量の野菜と豆腐、卵を入れたお味噌汁が頻繁に登場します。

具が多すぎて煮物のようです。

自炊はそんなに頑張らなくてよい。続けることが大事です。

生活用品

0円

全て楽天ポイントで支払えました。

交際費

10,145円

帰省した際のお土産と、友人の結婚祝いプレゼントが2件です。

この年齢になると、みんな急に結婚しだすから怖いですね~。

コロナ禍なので私の友人は皆、結婚式をしない若しくは家族だけで結婚式実施です。ご祝儀貧乏にはなりません。1回くらいは結婚式に行ってみたいものですが。

ちなみに個人的には結婚予定は一切ありません。26歳なのでそろそろ活動開始しないとなと思いつつ、重い腰が上がりません。

ファッション/美容

330円

3COINSでアクセサリーをひとつ購入しました。

服も購入しようと思い、何度かお店に足を運んだのですが、ピンときた物がなく結局購入しませんでした。

欲しい服が全くない。

交通費

12,859円

年末年始に帰省しました。

ブルジョア気分で新幹線に乗ったので、この金額となっています。

住居/通信費

ガス代:3,470円

電気代:4,021円

通信費:0円

寒かったこともあり、電気代が11月と比較すると倍近くまで跳ね上がっています。2月も寒いので電気代高そうです。春が待ち遠しい。

通信費は、楽天モバイルと楽天ひかりの1年無料期間中なので0円。3月くらいで無料期間終了です。

水道代は2ヵ月に1回なので、今月はお休みです。

【まとめ】3万円台で生活できた

2022年最初の家計簿が3万円台と、非常に幸先の良いスタートとなりました。

特に不自由なく暮らしているので、このまま生活レベルを上げることなく「収入>>>支出」をキープしていきたいです。

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました