社会人2年目・投資歴1年の配当収入を公開【2021年11月】

配当金

去年の秋ごろから、米国高配当株を中心に株式投資をしています。去年12月に初めて配当金を得てから早1年が経過し現在ではコンスタントに1ヵ月数千円の配当収入があります。

さらに節約・貯金との合わせ技で入社当初20万円だった資産は、今年の8月には300万円を超えました。

株式投資を始めたときは右も左もわからず怖かったのですが、今では株を始めてよかったとはっきりと言うことができます。

11月も終わりましたので、1ヵ月で得られた配当収入を公開します。

スポンサーリンク

11月の配当収入

11月の配当収入は¥4,912でした。

配当収入は今のところ4,000~5,000円程度で推移しています。9月は株式投資開始後初めて1ヵ月で1万円を達成しました。

早くコンスタントに単月1万円超えられるように、今後も全力で株式投資に入金していく所存でございます。

12月も配当収入はそれほど多くはない予定ですが、1月は配当月の銘柄が重なっているため1万円超えを狙える気がします。

スポンサーリンク

11月の配当銘柄

今月の配当銘柄は以下の3つでした。

【T】AT&T

【VZ】ベライゾン コミュニケーションズ

【BTI】ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR

通信系とたばこ株です。

やはり、たばこは吸うのではなく株を買うのがよいですね。私は、【JT】【BTI】【MO】の3銘柄のたばこ株を保有しています。たばこ株を保有することで、同僚のたばこ休憩も広い心で受け入れることが可能になります。

最近のSDGsの観点からすると、たばこを製造している企業は喜ばれないのかもしれません。しかし、たばこを嗜む人は少なからずいることも事実です。私が死ぬまでにたばこが消え去ることはないだろうと考え、たばこ株を保有しています。

また世間の状況が変化したら手放すことも考えるかもしれません。

これまでの配当収入推移

2020年冬に初めて配当収入を得てから、今日までの配当収入の推移です。

少しずつではありますが、着実に平均値が上がっています。

去年12月【XOM】エクソン モービルの2,200円の配当金を得たとき、非常に嬉しく心が浮足立ったことを覚えています。そこから私は株が好きになり、さらに節約し入金力を上げる努力をしてきました。その結果、2,000円台だった配当収入は5,000円近くまで伸ばすことができました。

続いて、今までの配当収入の合計です。

着実に積み重なっていることが見て取れます。今年の年末には累計50,000円を超える予定です。

こちらの2つのグラフですが、私が株式投資を始めるきっかけとなった三菱サラリーマンさんが、配当収入推移を記録することで株へのモチベーションを上げるという方法を取っていましたので真似しています。

積みあがっていく配当収入が目に見える結果としてあると、確かにモチベーションが上がるので今後も配当収入の記録は続けていこうと思います。

ゲームのレベル上げの感覚で楽しいです。

【まとめ】今後も高配当株を買い付け続ける

高配当株のいいところは、株価が上がろうが下がろうが配当自体を停止したり会社が倒産したりしない限り、配当収入が得られるということです。

今後も支出の最適化に励みできる限り株式投資に入金していくことで、配当収入を積み上げていきたいと思います。

今年もあとひと月で終わりですので、年越しの準備をしていかないとですね。

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました