【節約料理】キーマカレーは1食120円で作れる

節約

貯金と節約と投資で資産形成をしています、ひよです。

支出を減らし毎月給料の5~7割を貯金または投資にまわすことで、社会人2年目の現在資産300万円超えを達成しました。

食事は基本自炊しており、常日頃、ラクで安い料理はないかネットサーフィンしながら調査しています。

最近はキーマカレーにはまっており、土日に5~6食分作って冷凍して平日の夕食にしています。カレーは元気な時もそうでない時も暑い日も寒い日も美味しいので大好きです。さらに、トマト缶を使うので野菜を摂取することもできます。

そしてカレーはお安く作れるのです。

スポンサーリンク

材料 5~6食分

私が今回使用した材料です。カッコ内は材料費(税抜き)です。

・カレールー・・・1/2箱(64円)

・カットトマト缶・・・1缶(400g)(79円)

・ひき肉・・・300g(221円、業務スーパーの冷凍豚ひき肉使用400g295円使用)

・玉ねぎ・・・2個(100円)

・ズッキーニ・・・半分(50円)

→通常はにんじん。なくてもよい。今回は冷凍庫に眠っていたカットされたズッキーニを使いました。ラタトゥイユ用に切ったけどラタトゥイユ作りませんでした。

・ショウガ・・・1かけ

・にんにく・・・1かけ(ショウガとにんにくで合計10円くらいか?どちらもチューブでも可)

・水・・・300mL

合計524円で5~6食分なので、1食87~105円です。白米1杯20円として120円くらいですね。

ちなみにお米はふるさと納税の返礼品で、15kg(5kg×3か月定期便)で19,000円が実質2,000円です。茶碗1杯のご飯は炊く前の状態で約65gらしいので、茶碗1杯は実質9円となります。めっちゃ安いです。


【ふるさと納税】米 定期便 5kg 白米 コシヒカリ 新潟 令和3年 73-3N053【3ヶ月連続お届け】新潟県長岡産コシヒカリ5kg
スポンサーリンク

作り方

①玉ねぎ(あればにんじんも)はみじん切りにします。ショウガもにんにくもみじん切りにします。

②深めのフライパンに油をひき、玉ねぎ(とにんじん)を炒めます。しんなりするまで炒めてください。

③ひき肉とショウガ、にんにくを加え、肉に火が通るまで炒めます。

④トマト缶、水を投入します。あくを取り、弱火で5分煮込みます。

⑤火を止めてカレールーを割り入れ溶かします。再び火を付け、弱火で5分煮込んで完成です。

調理にはこちらの深めのフライパンを使用しています。ダイヤモンドコートがしてあるので炒める際に焦げ付かず、深めなのでそのまま煮込むことができます。

キーマカレーの良いところは、具材がみじん切りと細かくすぐに火が通るため煮込み時間が短くて済みます。

そしてトマト缶を入れているので野菜不足も補えます。生トマトは高いですが、トマト缶は1年を通して安いので重宝してます。野菜は高いですが健康を維持するために必要なので。

【まとめ】節約には自炊すべし

一人暮らしで自炊だと余計にお金がかかるとよく聞きますが、真向から否定させていただきます。絶対外食のほうが高くつきます。

自炊でお金が余計にかかってしまう人は、いい食材だったり、少量の食材だったり、やたら豊富な種類の食材だったりにお金をかけているのだと思われます。自分の稼ぎに見合った食事をしましょう。

少量の食材は割高なので買わずに、通常サイズで購入し使いやすい大きさにカットして冷凍します。料理も一気に2人分は作ったほうが作りやすいです。余ったものは冷凍して後日食べるようにすればラクもできます。

頑張りすぎず適当に作るのが自炊を続ける秘訣だと思います。私はひと様に出せるような料理はしていません。「ご飯と具だくさんスープ」で十分だと思っています。

・・・家庭を持つようになりそうになったらもう少し頑張ります。

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました