社会人2年目・投資歴1年の配当収入を公開【2021年10月】

配当金

社会人2年目、投資歴1年のひよです。

現在私は、米国高配当株を中心に株式投資を行っています。

1年前に株式投資を始めていなかったら配当収入がなかったと思うと、本当に株をやっていてよかったとひしひしと実感しています。

10月も終わりましたので、1ヵ月で得られた配当収入を公開します。

スポンサーリンク

今月の配当収入

10月の配当収入は¥4,290でした。

9月は初めて1万円超えたのでなんだか少なく感じてしまいます。

今のところは1ヵ月4,000~5,000円くらいの配当収入となっています。早くスタンダードに毎月1万円超えるようになりたいものです。

配当収入が平均1万円になるには、全体の配当利回りが3%(税引き後)であると仮定すると単純計算で400万円分の株式を保有している必要があります。

現時点で、確か株式は200万円程度だったと記憶しています。

毎月1万円の配当収入を得るためにも、お給料が入ったら入金→株買い付けを今後もこつこつと続けていきます。

来年の中頃までには、1ヵ月平均1万円の域に到達していたいです。

スポンサーリンク

今月の配当銘柄

今月の配当銘柄は以下の3つでした。

【ARCC】エイリス・キャピタル

【GSK】グラクソ スミスクライン

【MO】アルトリア グループ

【ARCC】エイリス・キャピタルは9月30日が配当支払日だったのですが、振り込みの都合上10月になっています。9月に買い付けた株なので、買ってすぐ恩恵に与れるのはなんとも嬉しいことです。

これまでの配当収入推移

2020年冬に初めて配当収入を得てから、今日までの配当収入の推移です。

はい、9月だけ飛び抜けていますね。JT様様です。

2020年12月の初配当収入から着実に成長してることがグラフから読み取れます。成長が実感できるとさらに努力しようと思えますよね。

何より、配当が出たときにグラフを更新する作業が楽しくて楽しくて仕方がないです。

続いて、今までの配当収入の合計です。

こちらも右肩上がりで確実に伸びています。合計なので減ることはないので、見ていて気分がいいですね。早く左軸の数字に0の数を増やしたいです。

こちらの2つのグラフですが、私が株式投資を始めるきっかけとなった三菱サラリーマンさんが、配当収入推移を記録することで株へのモチベーションを上げるという方法を取っていましたので真似しています。

積みあがっていく配当収入が目に見える結果としてあると、確かにモチベーションが上がるので今後も配当収入の記録は続けていこうと思います。

高配当株をたんたんと買い付けるということ

高配当株のいいところは、株価が上がろうが下がろうが配当自体を停止したり会社が倒産したりしない限り、配当収入が得られるということです。

この間、無配当株を始めて買ったのですが、買って数日後に少し株価が下がっただけで心臓がつかまれたような心地でした。無配当株を持っていると精神的にやられそうで、私には向いていませんでした。

無配当株は株価が下がってしまえば終わりですが、配当株は株価が下がったとしても配当金が得られます。

一定期間おきに配当金が得られることは、私にとって、「株を買ったら売らずに保有し、さらに株を買い付け、株式市場に身を置き続ける」ことに対しての原動力となりえます。

無配株を買う経験をしたことで、高配当株投資という投資スタイルが私に適しているんだと実感しました。

今後もこのスタイルを貫き通していきます。

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました