【米国株】ペット関連のアイデックス・ラボラトリーズ購入、初めて無配株に手を出してしまった

米国株

こんにちは、ひよです。

去年から株式投資を開始し、節約と投資で資産形成に勤しんでおります。

先週給料が振り込まれたのでどの株を買うか迷っていましたが、昨日、【IDXX】アイデックス・ラボラトリーズを購入しました。すでに相当値上がりし650USDほどでしたので5株だけ買わせていただきました。それでも、いただいた給料よりだいぶ高いです。奮発してしまいました。

また、配当金が大好きな私ですが、今回初めて無配株に手を出してしまいました。

スポンサーリンク

【IDXX】アイデックス・ラボラトリーズの事業内容

アイデックス・ラボラトリーズとは

動物の医療機器製造会社

無配当株

アイデックス・ラボラトリーズは1983年に設立されたアメリカの企業で、ペットなど動物のヘルスケア事業が主力となっています。犬や猫専用の腎臓病・膵炎などの病気のの診断を行うマーカーの開発やペットの健康診断を行っているそうです。

他にも、食品や水質の検査関連の事業を行っています。

私はペットは飼っていませんが、友人や会社の同僚は犬ねこを飼っている人は多いです。愛犬、愛猫の写真を見せてもらって癒されています。みんなめっちゃかわいいです。

ちなみに私は猫派です。

犬であれば、小型犬を後ろから見たときのしっぽから足にかけてが好きです。

コロナ禍において、家で過ごす時間が増えたことからペットを新たに迎え入れる人も増えたそうですね。

私は一人暮らし且つ日中は仕事に出ているので、今のところペットを飼う予定はありません。ひとりにしたら可哀そうなので。

老後には、縁側で猫と日向ぼっこして過ごしたいものです。

なにはともあれ、今の時代ペットは家族の一員です。アイデックス・ラボラトリーズのようなペットのヘルスケア事業は今後さらに発展してくことと考えられます。

スポンサーリンク

売上高

売上高も確実に増加しており、コロナ禍で売上高が減少する企業が多い中、2020年12月決算では2019年と比較して+12.5%と確実に伸びています。

株価

ペット関連ということで期待されているのか、5年前の2016年9月に112.73USDだった株価は、今年の7月には700USDを突破しています。現在は650USD程度となっています。

今後も上昇し続けることを期待しています。

「頭と尻尾はくれてやれ」

相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉があることを最近知りました。投資家としては、最安値で買い最高値で売りたいと誰しも考えるが、それはほとんど不可能で失敗します。そのため、真ん中のおいしいところだけとれれば最安値と最高値はとれなくてもよい、という言葉だそうです。

私もこれに倣い、おいしいところをいただくために【IDXX】を購入しました。・・・尻尾どころか胴体の半分くらいもっていかれた気がしていますが気にしません。すでに頭まで到達していないことを願うばかりです。

今回はすでに相当な高値&無配株ということで、購入するかかなり悩みました。

数年後に、「あの時IDXX買っておいてよかった」と思えると嬉しいです。

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました